スカルプの発疹の原因

スカルプが赤くなったり、かゆみを伴うぶつぶつしたものができた実態、これをスカルププツプツと呼びます。スカルプに湿疹ができる原因には様々なことがあげられますが、自分のスカルププツプツの原因を特別し、その原因にあった対処をすることが重要になります。スカルププツプツの原因としては、脂漏性スキン炎、皮脂欠落性スキン炎、アトピー性スキン炎、接触性スキン炎の4つがあげられます。
まず脂漏性スキン炎についてですが、これはカビが繁殖するためおこるアレルギー様相です。スカルプのカビは皮脂によって繁殖する結果、皮脂の超過分泌がプツプツを引き起こす原因と考えられています。スキンには元々いる常在バイ菌という微生物がありますが、普段はスキンのバリヤキャパシティーを支えるベネフィットをしています。しかしこれが異常に繁殖すると、スキンに刺激を与えてプツプツを引き起こすのです。
次に皮脂欠落性スキン炎です。これは皮脂が足りない場合におきる様相で、乾燥した状態になる結果大量にフケが発生します。冬場などドライしやすい年に起こりやすいといえます。そしてアトピー性スキン炎です。アトピー性スキン炎はアレルギーが原因でおこるスキンの炎症です。非常に痒いシチュエーションが続き、プツプツも引き起こされます。
最後に接触性スキン炎です。これはボディーに合わないものの刺激やアレルギーの原因となるものと、スカルプが接触するためスキンに刺激が掛かり炎症を起こしている状態です。ヘアーお世話代物やスタイリング剤がアレルゲンとなる場合も数多く、洗浄やリンス、トリートメントや整髪料、カラーリング剤なども、アレルゲンの一つと考えられています。最安値情報はこちら。